マガジンのカバー画像

アクション

26
グループミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を実現するために五つのアクション(行動指針)があります。グループ病院・施設で実施しているアクションに基づいた取り組みをピッ…
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

グループミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を実現するためのアクション…

平成医療福祉グループが医療・福祉を提供する目的は、患者さん・利用者さんの「QOL(※)の向…

【人事部スタッフインタビュー】グループ職員が「自分らしく生きる」ための職場環境づ…

平成医療福祉グループは「じぶんを生きる を みんなのものに」(※)をグループミッションとし…

【人事部インタビュー】グループ職員が「自分らしく生きる」ための職場環境づくり(前…

平成医療福祉グループは「じぶんを生きる を みんなのものに」(※)をグループミッションとし…

【対談】「その人らしさ」を重視する、HMW介護の働き方〜二人の介護スタッフが語り合…

平成医療福祉グループ(HMW)では、ミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」(※)を…

【トークセッション】グループ新人研修「スタッフの専門性を拡張しチームで成長し続け…

平成医療福祉グループでは、毎年、4月1日付けで入職した新人のみなさんに、グループ全体で行う…

【トークセッション】グループ新人研修「スタッフの専門性を拡張しチームで成長し続け…

新緑がまぶしい季節になりました。この春、新社会人になったみなさんは、職場の雰囲気に慣れて…

【空間プロジェクト】利用者さんと職員の双方が心地よく過ごせるデイサービス空間作り‐Vol.2「みんなの庭」(後編)‐

平成医療福祉グループでは、ミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を掲げています。ミッションを実現するための行動指針(アクション)の一つに「個人の意思とその人らしさを尊重する」(※)があります。今回、この指針に沿う「空間プロジェクト」の取り組み第2弾をご紹介します。 「空間プロジェクト」をスタートしたのは、当グループが運営する、介護老人福祉施設「ヴィラ南本宿」に併設する「平成デイサービスセンター南本宿」(神奈川県横浜市旭区)。プロジェクトの目的は、利用者さんの心が満

【空間プロジェクト】利用者さんと職員の双方が心地よく過ごせるデイサービス空間作り…

平成医療福祉グループでは、ミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を掲げています。…

【空間プロジェクト】利用者さんと職員の双方が心地よく過ごせるデイサービス空間作り…

平成医療福祉グループでは、ミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を掲げています。…

利用者さんの主体的な活動を促し「できること・やりたいこと」を進めるデイサービスへ…

平成医療福祉グループでは、ミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を掲げています。…

利用者さんの主体的な活動を促し「できること・やりたいこと」を進めるデイサービスへ…

平成医療福祉グループでは、ミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を掲げています。…

「ここに藤香苑があってよかった」そう思われる施設を目指して(後編)

平成医療福祉グループでは、ミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を掲げています。…

「ここに藤香苑があってよかった」そう思われる施設を目指して(前編)

平成医療福祉グループでは、ミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を掲げています。…

ケアホーム葛飾「かつしかパンの日」にみる「託児室」の可能性(後編)

平成医療福祉グループでは、ミッション「じぶんを生きる を みんなのものに」を掲げています。ミッションを実現するための行動指針(アクション)の一つに「助けを必要とするすべての人に医療と福祉を届ける」(※)があります。 今回このアクションに沿って、施設はもちろん、地域の方々も生き生きと生活していくための拠点となることを目指す、介護老人福祉施設の取り組みをピックアップします。 当グループが運営する介護老人福祉施設「ケアホーム葛飾」は、職員専用の託児室を併設しています。 ケアホ